家を買おう|質の高いサービスを提供している不動産会社を頼ろう

どのような物件があるのか

男の人

物件を決めるにあたって

熊野町は広島県安芸郡の町で、呉市と広島市の間に位置しています。人口は23000人程度ですが、昔は熊野団地という巨大な団地があり、そこに住む人で人口は急激に増加しました。しかし現在は団地の人はいなくなり、呉市と広島市のベッドタウンとして様変わりをしています。この熊野町は熊野筆という筆で全国的に有名であり、訪れる人も多い街です。熊野町には複数の不動産業者がいますが、熊野町以外にも呉市や広島市の不動産業者がこの熊野町もエリアとして営業しています。大きな特徴として、この熊野町の不動産物件はマンションはほとんどなく、アパートと呼ばれる2階建てまたは一軒屋が中心であるという事です。その戸建ての土地は駐車スペースや庭としても十分可能な広さがあります。また大都市圏とは違い、土地だけでの売り出しも非常に多いです。そのため、土地を購入した後に注文住宅を建てることも可能です。なお、近郊の広島市と大きく違う点は、ベッドタウンの開発が進んでいる事から分譲が多くまたファミリー層向けの不動産物件が中心という点です。さらには値段も大きく異なる事から、値段や広さを求める人はこの熊野町を選択する傾向にあります。逆に広島市では学生や単身者も多い事からファミリー層ではない物件が中心となっています。不動産投資を扱う業者は物件も多くありますが、熊野町ではそのような物件はありません。このように近郊でも特徴が違います。まずは不動産業者から様々な情報収集する事が重要です。